スキーへ行ってきました!

スキーへ行ってきました!

冬休みにスキーへ行ってきました!

先週は、9日間の冬休みがありました。

その休みを利用して、娘のお友達を誘い、Camelback Mountain Resortへ

2泊3日でスキーへ行ってきました。

娘にとっては、初めてのスキー。

誘ったお友達も、小さいころに2,3度行ったが最近は、

全く行っていないので初心者とのこと。

それでは、一緒にこのお得そうなSnow Passを利用して、スキーに連れて行こう

という話になりました。

Snowpass programs for 4th and 5th grade (PSAA)について

私の娘と、そのお友達は、小学5年生ですので、このSnowPassを事前に買いました。

子供の年齢が証明できるものと写真登録が必要ですので、

時間がかかります。

このSnowPassには、リフト代、スキーレンタル代とスキーレッスンが

含まれていて、得なパッケージということになっています。

趣旨としては、子供たちにスキーをもっと手軽に楽しんでもらおうという意図が

盛り込まれていると思われます。

ですが、ここで一つ、トリックがありました。

このパス、お買い得ですが、普通に使おうとすると使えません。

殆ど詐欺みたいなものだと私は、思ってしまいましたので、

他に被害者を増やさない為にも、私たち家族に起こった出来事を、

シャアします。

Snowpassでスキーレッスン予約不可?

3日間、スキーを楽しむ予定の初日、スキーレンタルとリフトチケットを

換券し、スキーレッスンの予約状況を聞くと、既にその日はいっぱいなので、

明日の朝早く、チケットボックスに並ぶように

言われました。

早く来たものがちですと。

ここまでは、事前にカスタマーサポートへ電話で問い合わせたときも、

Webでの事前予約はできないので、

現地に出向いてレッスンの予約をする必要があると言われていたので、

その日は、すんなりとあきらめました。

そして、二日目に8:20ぐらいにチケットボックスに行きました。

チケットボックスがOpenするのは、8時です。

ボックスオフィスの人と話をすると、既に売り切れと言われました。

ん?!ちょっと待って。

一日分のスキーレッスン予約が20分立たずに売り切れるほど、

人は並んでいなかったのに。

一体、どういうことだ?

何かおかしい事に気付き、周りのボックスを見渡すと、実は、同じような状況の家族連ればかり。

皆、同じような文句を言っています。

「アンフェアだ」

という声もほかのボックスから聞こえてきます。

挙句、ボックスオフィスの人が言った言葉は、

「エキストラでお金を払えば、今日レッスン、受けられますけど」

えっ、ということはですよ、売切れてはいないんです。

SnowPassで子供の為にレッスン予約をしたい人は、

現地予約しなくてはいけないと言われつつ、

現地に行くと、SnowPassでは、実質予約できない(させない)からくりに

なっているのです。

親があまりスキーが上手でないと、子供にスキーを教えるのは、難しいですし、

自分の身の危険があります。

SnowPassは、レッスン代も込みということを見込んで、

親達は子供の為にお金を払っているわけです。

スキー初心者の親は、子供にスキー教えられませんから、

予想外の追加料金を払って、レッスン予約せざるを得ない仕組みなんです。

これって、軽い詐欺というか、ぼったくりです。

うちの子供は、一日目でかなり滑れるようになっていたので、

絶対にレッスンが必要、そうでないとスキーが楽しめないという状況では

なかったのですが、

それでもこの対応には、怒り心頭(主人が。。。)

結局、スキーリゾートのマネージャーと直接交渉し、

翌3日目のお昼の予約を取ることが出来ました。

そう、やっぱり、その日の予約はその日にではなく、

予約は、事前にでもと輝システムにはなっているのです。

でも、追加料金を払わなければ、通常予約できないです。

我が家の場合は、主人がかなりいい倒しましたので、

追加料金なしで、レッスンを受けることが出来ました。

というか、本来、当たり前にレッスンを子供たちに受けさせることが

出来るはずなんです。

どこに訴えたら良いのか変わらないので、怒りの矛先が分からないのですが、

こういうビジネスが成り立っていることに怒りを感じています。

もし、SnowPassに興味のある方は、十分に気を付けて使ってみてください。

Journalカテゴリの最新記事