コロナ自粛中の夏休み過ごし方

コロナ自粛中の夏休み過ごし方

夏休みの勉強、自主学習

夏休みに入ってから、娘はオンラインのサマーキャンプに参加しています。

どんなキャンプに参加しているかというと、

月曜日から金曜日までの午前中は、バレエクラス。

月曜日から木曜日までの午後4時間は、お受験塾です。

その他に、補修授業校の宿題を合間にやる感じで、

上記の写真は、毎年休み明けにある漢字コンクールの問題練習です。

ペロっとめくると答えが書いてある感じにしています。

オンラインバレエクラス

今、ニューヨークの有名どころでもどのダンススタジオもオンラインでレッスンをしていると思います。

(興味のある方は、BDC,STEPS,ペリーなど検索してみてください。

お家でプチダンス留学できるチャンスです!)

それは、フェーズ4になってもスポーツジムなどは再開することができないので

先が見えない暗闇にどっぷりと浸かっている分野です。

我が家では、オンラインで授業を受けることにより、

レッスンを受ける頻度が飛躍的に増していますので、なんだか

前より上手くなっているような気がしています。

継続は、力なり。

うちは備え付けの絨毯なので相当回りにくいと思うのですが、

頑張っています。

とっても難しい振付の様ですが、タンバリンの代わりにお皿を片手に

踊っています。

オンラインお受験塾

30ぷんのお昼休憩を挟み、今度は、塾のサマーキャンプです。

お昼ご飯を食べている間は、「ハイキュー」を最近見ています。

その後、一瞬でバレエバーは、ボキャブラリーテストの暗記シート埋まり

ちゃぶ台にPCを置いて、授業スタートです。

利点は、瞬時にどこでもドア級に移動出来る事。

通学時間が短縮できているのは、ものすごい利点です。

塾は、子供が授業を受けている様子が横で聞けるので

何が出来ていなくて、何を知らずにすぎてしまっているかを

子供と一緒に把握することができます。

びっくりする様なことまで習っていないと言われると

学校で何をやっているんだ!コロナが無くて、学習状況の把握が出来なかったら

とんでもないことになっていたなと思うところもあります。

娘の学校は、小中一貫校なのですが、中高一貫校に乗り換えようかと

隠れ受験勉強中なのですが、この状況下では、やる気の持続が難しいです。

子供も親とずっと一緒なので甘えもあり、

切れやすいです。

どうやって飴と鞭を使いながら、学力を伸ばしていけるか試行錯誤の日々です。

と言うか受験できるのかそもそも不安です。

教職試験勉強再開!

教職試験勉強も再開しています。アメリカの権利章典を見直すと

こちらで大学生をしていた頃の悪夢が蘇ります。

一般教養で取らなくてはいけなかった歴史に随分手を焼いた残像が残っています。

最近、ニューヨークはとっても暑いです。

なかなか集中できない程の暑さが続いていますが

気分転換に海へとかプールへと行けない夏が正直辛いです。

Journalカテゴリの最新記事