試験日予約と当日の注意点

試験日予約と当日の注意点

試験日予約と当日の注意点

試験当日については、母親として考察すると、先生(試験官)との相性と配慮。

それから試験会場の環境設定に左右されると思います。

これは、運ばかりの何物でもありません。お子様が、人見知り屋さんだったり、英語で話す人と初対面の人と4歳の子供が約1時間二人きりになるのは、結構つらいお子様もいらっしゃると思います。

どの会場にもセパレーションが難しく、両親控室から、テスト会場教室に移動できずに泣いてしまうお子様がいらっしゃいます。

そう行った時には、具合が悪かったからといった配慮で、別に日に受験をずらしてもらえたりする子もいれば、もう受験そのものが難しく断念というお子様もいらっしゃいます。

受験会場は、ご自分である程度、選べます。

我が家は、大好きな男の子が通っている学校が試験会場に指定されていたので、

わざとそちらを選択しました。子供のモチベーションを上げるためです。

試験日ですが、こちらも1,2月の週末を選ぶのですが、これは、他の受験ママからの受売りですが、

なるべく1月初旬の方が良いと思います。

後半だと、NYCの雪天候によっては、交通機関が麻痺する可能性があるからです。

それから、試験時間も選ぶことができます。

個人的な意見ですが、朝早すぎると土地勘のない学校への登校、

週末に子供をいつもより早起きさせることは、お互い辛いと思います。

それから、お昼過ぎだと、お昼寝を普段するお子様だと集中力が自然と下がると思います。

よって、なるべく日常に変化のない無理のない、そして日頃の能力が発揮できる時間帯を試験時間として選択することも大切だと思います。

我が家は、10時ぐらいを選択したと記憶しています。

Gifted & Talentedカテゴリの最新記事