海外在住、日本からの郵便

海外在住、日本からの郵便

最近、相次いで、日本から荷物が届きました。

日本から国際空輸便の輸送状況をお伝えしたいと思います。

現在、EMSは使えませんので、クロネコと DHLを使った場合の

郵便事情をお話します。

クロネコヤマトの場合

本日届いた小包は、日本からクロネコヤマトを使ったものです。

今週の月曜日に発送。

今朝届きましたので、なんと4日で届いています。

4営業日ですね。

思ったよりもかなり早いと思います。

最近我が家は、マスクブームですが、小包の中身は、マスクです。

ユニクロマスクのLサイズ、かなり大きいですね。

耳のひもを調節しないと、私の顔には、大きく、緩かったです。

DHLを使った場合

前回のブログでお知らせしました、スモックをBuyee経由で買ったときにDHLを選択しました。

その時は、8月24日発送で27日に届きました。ですので、4営業日で同じですね。

重さは、両方の小包ともそんなに重いものではないので、

そうなると送料の比較になりますね。

両社、送料比較

クロネコヤマトの国際配送の国際宅急便のサイトは、こちら。

両社のHPを見ていると、クロネコヤマトの方がいろいろ検索しやすいですね。

知りたいことが割とすぐ出てきます。

こういうところも顧客獲得には、大事かなっていう感じです。

そして、DHLのサイトは、こちらになります。

すごく明瞭会計のように見えますが、ボックス2とか3とか、意味が分からないですよね。次の表をご覧ください。どうやら、その箱に収まれば、15キロまでOKのようです。

ぱっと見た感じですでにお分かりかと思います。クロネコの方が断然お安いです。前評判としては、確実に早く受け取りたいならDHLと聞いていたのですが、クロネコヤマトもとっても早かったです。

一週間ぐらい待てるのであれば、クロネコヤマトに軍配が上がっていると思います。EMSでもそのくらいかかるときあるので、クロネコヤマトは、使える!

と言うのが個人的な感想です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Journalカテゴリの最新記事